お気軽にお問い合わせください!

日記猿人というものがあった。

インターネット黎明期から、Windows95が発売されてインターネットなるものが話題になりました。
当時、ブログなんて文化やシステムも無かったですし、無料でそういうページを作れる所も少なかったです。

FaceBookは勿論、ツイッターもmixiも無い時代。携帯電話はあったけれど、スマホなんてまだまだ先だった頃。2chも本当にまだまだアングラだった世界。(まぁ、今でもアングラですが。)

ネット民は情報を集めるだけではなく、他人の日記を読んでいたのです。今の個人ブログ(アフィリエイト目的では無い)の先駆けは、個人のHPにある日記でした。十人十色の日記。それらを総称して、Web日記なんて読んでいた時代がありました。

それらを纏めたサイト「日記猿人」。アクセスログもまだついていない時代。今のFaceBookの「イイね!」ボタンみたいな、投票ボタンで、日記ランキングをしていました。一言メッセージを作者に送る簡単なcgiをおいてあるページもあり、何も書かずにメールを送る「空メール」なるものが、”読んだよ!”の代わりになっていました。

Opening1996

スマホも無い時代。携帯でWebなんて見ようものなら多額のパケット代が請求される時代、通勤途中にブログをチェックなんて事はできません。

仕事を終えて、家に帰ってきて、風呂に入ったらビールを飲みながらWeb日記のチェックを行なうのです。大抵、みんな境遇は一緒なので、更新時間が22時以降となります。僕も個人のWeb日記を持っており、それの更新前に他人の日記を読み、そして自分の日記をアップしてから、また他人の日記を読んでいたものです。毎日2時位まで夜更かししていました。

ビールを飲みながら日記を書いているので、なんか意味不明(酒に酔っているのでは無く自分に酔っている)なポエムみたいなのを書いてみたりして、いやー懐かしい思い出です。

今は便利ですよね。パソコン無くたって、スマホで写真とって、スマホで文章打って、更新ボタンを押せばブログが投稿されちゃいますもの。

日記同士で喧嘩したりね。
ちなみに、無料が当たり前のインターネット昨今ですが、当時そういうランキングサイトを運営すると言うことはサーバの維持費がかかってですね、僕たちは無料で参加させてもらってましたが、アフェリエイトの無い時代、管理人の手弁当でサーバが運営されていた訳です。
今思っても感謝です。

懐かしいなぁ。僕は当時から友達と独自ドメインを持って独自サーバを立ててやっていましたが、大抵の人はジオシティーズとか、プロバイダと契約すると貰えるページに日記を書いていたような気がします。

オフ会も何回か参加させていただきました。

最近は僕もスタイルをブログスタイルにして、内容も個人日記みたいな書き方を辞めてしまっています。(このブログの事です。)

今でも、日記を続けている人はどの位いるのでしょう?あの時代に20代30代だった人はその当時の年齢+15歳位年齢を重ねている訳ですからね。

今は広告収入など便利な収益システムがあるので、またこういうリンク集が出てきても良いのではないか?と、時々思ったりするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください