お気軽にお問い合わせください!

SNSには「半年ROMれ」機能を追加してはどうか?

半年ROMれ

言わずと知れた日本の肥溜、匿名掲示板”2ちゃんねる(現5ちゃんねる )”で昔流行った言葉です。最近はあまり使われていないような気がしますが、案外真理をついていると思うんですよ。

ROMと言うのは”ReadOnlyMember:閲覧しかできないユーザ”を表します。
最初に言い出したのがだれかはわからないので、”半年”に根拠があるのかどうかはわかりませんが、大体その位の間「ひたすら”見(けん)”に徹してその場の空気を読みなさい」、ってな感じでしょうか?

2ちゃんねるには色々な板(スレッド)があり、色々な議論がなされています。そこに場違いな書き込みをすると、「半年ROMれ」と言われて排除されてしまします。

「そのくらいの事は自分で調べろ」と言う”ググレカス”に違い表現ですね。

2ちゃんねるにおける”半年ROMれ”は、そのスレッドの空気や、どのようなレベルでの議論をしているのか、半年くらいやりとりを見てその上で初めて書き込みをしろと言ったネットスラングで、別にそう言う機能があるわけではありません。

でも、昨今のSNS(Twitterなど)も匿名アカウントで自分だとバレないから罵詈雑言や殺人示唆見たいな事ができると思うんですよね。

そこで、いろんなSNSに「匿名でもなんでも良いけれど、アカウント作ってから半年は書き込みできないよ」って言う仕組みを作るのはどうかな?と思っているのです。
ちなみに、アカウントはスマホなどの番号を紐づけるようになっており、複数アカウント簡単に作ることがないようにしておきます。

その間に、ひたすら”見る・読む”だけを行うことでネットリテラシーを身につけてほしいと思います。

そして、いざ半年経って書き込みができるようになったとします。
「○○殺す!」とか書いちゃったとしましょう。匿名で書けるので何を書いてもバレません(厳密には電話番号まではわかっちゃうんですけれど)
でも、殺害予告アカウントは通報によってBAN(アカウント凍結)される仕組みを作っておけば、そのアカウントは”消えます”。

もちろん、アカウントが”消えた”ら、また新しいアカウントが作成可能ですが、また半年書き込みができなくなります。

そうする事によって、「あぁ、この書き込みはもしかしたら凍結対象になるような酷い書き込みかも知れない」と言う状況に対して、

・BAN上等!書き込むぜ
・せっかく、自由に書き込みができるアカウントをBANされてまた半年待たされるのはもったいない

と言う2つの選択肢が生まれるのではないか?と思っています。

もちろん、前者はすぐにBANされるので再度アカウントを作って半年ROM状態となります。そこで反省するのではないでしょうか?
極論すると「暴言アカウント」はすぐにBANされるので、1年間に2回しか書き込みができません。
また電話番号と紐づいているので、電話番号から本人が特定されます。法的IP開示よりも電話番号開示したほうが本人にとってダメージは大きいはずです。

若者や後先考えない思考の人が”匿名”と言うマスクから人を傷つけて事件が起こっています。一定のネットリテラシーは保たれないとは思っていましたが、人間ここまで、匿名だと心ない事をかけるのか?とも思っています。

実名で書き込みすると言うのは大変に勇気にいる事です。またそうすると、芸能人・文化人も同じように実名で書き込みするようにする必要があります。

・はあちゅうさんは、”伊藤春香”として書き込まないといけません
・イケハヤも”池田勇人”として書き込む必要があります

これもまた息苦しい。5ちゃんねるみたいな完全匿名もいかがなものかと思いますが、Twitterは”あだ名やハンドルネーム”で良いと思っています。

ネットの世界では驚くほど性善説が通用しません。

半年ROMれ

今こそこの言葉をネットリテラシーの勉強とするとともにシステムに導入するのはどうでしょうか?

そんな事考えてました。
では。

Net ijime man

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です