>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

仕事できてるフリ症候群

僕の職種はエンジニアですが、エンジニアと言っても色々な仕事に分かれています。
特にコンピュータを使ってシステムを構築するエンジニアの場合、設計・開発だけではなく要件定義で顧客と打ち合わせをしながら作成したり完成したプログラムの品質を確認したり…これに加えて管理職になると原価を管理して売り上げを弾き出さなければいけません。

やる事は色々とあります。…が1人でそれらを全て行うことはできません。なので管理職になるまではまずは目の前の仕事をきちんとやり切る事が重要です。

そんな感じで色々な仕事(現場)を経験してきた訳ですがプロジェクトによっては“会議を入れまくっている人“をたまに見ます。勿論、部長やそれ以上の幹部になれば会議が詰まる事は多くなると思いますが、僕がみている“会議を入れまくる人“はそこまで偉くないです。

会議入れまくる事自体は結果を残せば問題ないです。
しかし時間(会議の予定時間が延びた時とか)になったら「次の会議があるので退席します」と途中退席したりその次の会議で「すいません会議が詰まってて準備できてません(とか忙しくてメール見てませんとか)」と平気で言うのは如何なものか?と思います。

そう言う人の傾向って「俺がいないとダメでしょ」みたいな風潮とか場を乱すような事を言ったりしてて簡単にいうと”口は出すけれど手は一切動かさない”みたいな感じがしています。

スクリーンショット 2023 09 10 8 15 42

そして口を揃えて「仕事忙し過ぎて辛いわー」と言う感じを出します。

その会議で何か自分がボールを持っていればそれはちゃんと投げて欲しいし何も持っていないなら場をかき回さなくても良いのではないか?と。
「この会議、本当に俺が必要?」…みたいな感覚を持ってみた方が自分にも他のメンバに対しても良いんじゃないかな?と思っています。勿論「知りません聞いてません」はダメだと思うので会議の議事録はちゃんと読んでおく事は重要だと思いますが。

圧倒的に人材不足の業界なので出来る人に負荷がかかってしまう傾向にあるのは理解していますがキャパオーバーの仕事をすると十分な結果が出せなくなってしまうのではないでしょうか?
……結果的に認識齟齬や意思疎通の違いなどで品質が悪いシステムができてしまう可能性があります。結果的に自分の評価も悪い方向に向かってしまいます。負のスパイラルって奴ですね。最初に書いたように1人ではできない仕事なので自分1人が頑張った所で限界はあるのです。

僕は今は1つメインの仕事があってサブで定例会議があるくらいです。
メインの仕事はヘルプで火消しみたいな感じで入っているのですぐさま手を動かして運用フローを作って当面回るようになるまで自分で管理表を更新しています。会議は1日に顧客定例が1つと社内定例が1つ。
サブの定例会議は週に1回くらいで自分が作った叩き台をベースにレビューしてもらって皆さんにブラッシュアップしてもらうとかナレーションの原稿を作るとかですね。(ナレーション諸々はオンデマンドのセッションを開くために書きましたがこれは珍しい仕事です)

他には基本的には会議とかは入れません。
なので僕のスケジューラはスカスカです。勿論、プログラム書いたり資料作ったりと仕事はしているのですけれど突発的な会議にも対応できるようにしています。

100%の仕事をしていてピンチの時に120%の仕事をする……これが通用するのは20代まで。30代は80%の力でピンチの時に100%とか…自分で少しセーブする傾向にした方が良いと思います。どれだけ技術があっても年齢とともに体力も落ちますし集中力も続きません。でも場数を踏むと生産性が上がる(はず)のでその位の感じでも同じ結果は出せるんですよ。
50歳近い僕はもう60%位の力で仕事しています。
(去年の5月からの1年間はほぼ100%で働いていましたがそれはもう緊急事態でして…それでも殆ど残業しませんでした)

どれだけ仕事ができる人とは言え、複数案件を掛け持つと会議の前に資料の読み込みが必要です(進捗表だったり課題管理表だったり)会議の場で初めて見るのはちょっとなぁ……と。
勿論「全員で読みましょう!」と言う目的の会議(『読み合わせ』とか呼ばれています)であればそれで良いと思いますが自分だけ読んでいないために限られた会議時間を”自分が読む”時間で潰すのは厳しいですよね。
なので会議前の読み込みと会議後のドライブ(決まった事を行う)の為の時間は必要なんですよ。

定時内に詰め込んだ会議の積み残しを1人で残業してこなすのならまだいいかも知れませんがそれがきちんとできるエンジニアは少ないです。それどころか下手をしたら21時位まで会議で埋まってたり…。

“自分が会議を回している”ように思っていても周りからは”空回り”と言うふうに思われているかも知れません。それでいて「俺がいないと……」はちょっとカッコ悪い。

会議内で選択を求められて決断する権限と勇気がある人ならそういう会議の詰め方も良いと思いますが、あなたは不十分な情報で(もしくは自分が納得できる情報がない状態で)決断できますか?

自分を戒める意味も込めて書いてみました。
もう一度考え直してみましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です