>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

シン・ゴジラの感想(ネタバレなし)

世間はオリンピックや高校野球や国民的アイドルグループの解散とかが話題になっていますが、僕は、その中でも、シン・ゴジラを見てきました。見たあとの帰り道でいきなり、「もう一度見たい!」と思ってしまいました。そういう映画です。

エヴァの時にも「もう一度」とはすぐに思いませんでしたが、この映画は2回以上見てから語るべきなのかなぁなんて勝手に思ってしまう。それほどの傑作の映画です。

IMG 3051

ネタバレなしと言いながら、いきなりネタバレですが、これは「3.11の原発に対する政府の動き(対策)」をモチーフとした映画です。これは明らか。ポリティカルフィクションというジャンルになると思います。

未知の生物(最初は名前も付いてない)が突然日本に上陸した場合、どのような生物かもわからない状態で、政府はどのような対応をするか?そして、それが何者なのか?が、メインテーマです。

とにかく情報量が多い映画です。字幕(肩書きや建物)も1秒も表示されていないので、全部理解しようとするのは無理です。あと、セリフもとても早いので、全部聞き取ろうとするのは無理、「こういう状況なのだな。」として捉えるのが吉です。ちなみに7割は会議や各省庁の会話で終わります。ハリウッドムービーを求めている人にはちょっと物足りないかも、でも日本人には合っていると思います。

ちなみに、関東(特に神奈川)に住んでいればニヤりとできる出来になっています。これはゴジラシーン全編においてです。

エヴァに鍛えられている(?)僕としては、「庵野監督にしては、きちんと完結させておいて最後に「?」と言う余韻を残すようにできている。」と変に感心してしまい、逆に「ちゃんと着地させたー。」と安心させられました。庵野映画にカタルシスを感じている人でも楽しめると思います。

夏休みがある方。IMAXとか4DXとかで見るともっと楽しいとかありますが、最寄りの映画館で良いので是非見ていただきたい作品。
一人でも楽しめます。複数人で行ったら帰りの飲み屋で会話が盛り上がること間違えなし!

キャッチコピーの「日本対虚構」とはよくできたものです。まさにそう。言い得て妙とはこの事。

個人的にはここ数年での邦画の傑作です。ぜひ、劇場に足を運びましょう!間違えなくオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です