お気軽にお問い合わせください!

「ごめんなさい」が言える大人になりましよう。

「ごめんなさい」が言える大人になりましよう。

バナナマン設楽さんが日村さんに言った言葉です。日村さんは当時「なんで俺ばっかり…」と言う思想が強く、また精神的に子供だったんでしょう。設楽さんも思わず言ってしまったみたいで日村さんは大変ショックを受けたらしいです。(実際は留守電に入っていたとか)

ぼくは会社員です。サラリーマンです。組織で動いています。チームで動いています。言われた事はやります。指揮命令系統って奴です。「やらされてる周りの人がロボットに見え」るわけはありません。それで給料もらってるんだから。ロボット上等ですよ。
組織で仕事してると他人と衝突する事もあります。んで、間違ってたほうが謝って、そしてまた進んでいきます。上司部下は問題ないです。間違ってたら謝る。それが大人です。

年下の指摘だって、自分が間違ってると思ったら「ごめん」って言いましょうよ。年上だから絶対に正しい!なんて時代錯誤も甚だしいですよ。

Pose syazai man

さて、政治とか見てて与党も野党の人もどちらもなんですけど、本当に「ごめん」と言ったら死ぬんじゃ無いかな?って位に謝らない人が多いです。大人でも老人に多いのでは無いでしょうか?(老害と呼ばれるタイプの人ですね)

ネットでは「謝ったら死ぬ病」と言われています。なんなんでしょうね?あれ。

政治のスキャンダルとかで嘘メール(?)みたいなのがバレる前に自死を選んだ人もおり、いよいよ「謝ったら死ぬ病」なのだなと思わされる所存。

どうにもこの国には謝るくらいなら辞めると言う風潮がありますね。
(更迭を促す流れも強いですが)

政治家は一回たりとも失言は許されないって訳じゃないし失言を認めたら「そういう意味で言ったのでは無い」とはぐらかすよりもまずは謝ってそれから自分の言い分を言っても遅くは無いと思います。

件の殺人タックルの件も監督の辞任で終わりましたが「結局のところタックルの指示はあったのか?」については話していません。

またご高齢者の中にいる「俺は歳上だから偉いんだ!」って人も何とかして欲しいですね。とにかく謝らない。それどころかこちらに謝罪を要求してきたりしますからね。勿論一部の人なんでしょうけど全体のイメージがすごく悪くなっちゃいますよね。俗に言う「老害」ですね。素晴らしい老人も多いし年齢から自分をわきまえているご老人も多い中、一部の老害がイメージを悪くしてますよね。

ネットも炎上した場合に素直に謝るパターンと、しれっと指摘を直して何事もなかった様に振る舞い、指摘してくれた人を(Twitterの場合は)ブロックするって人がいますからね。なんですか?その間違ったメンタリティの使い方?

間違ってたら謝るのが大事です。大人です。
んで、直す。上手くいけばみんなで喜ぶ。結果的は前へ進むんですよ。
「ごめんなさい」とか発音するのは厳しいかもしれないですけれど「すんません」とか「ワリィワリィ間違ってたわ」位なら軽いノリで言えるんではないでしょうか?

別に土下座しろとか言ってるわけじゃないんです。好意で間違いを指摘してるだけなんですよね。

Game wabiishi

この位の感覚で

「そんな好意は求めてない!余計なお世話!」って人もいるでしょうし、ああ言えばこう言うって人もいるでしょう。

単純に1+1=3って言って聞かない人に「違うよ」って言ってるだけなんですけれどね。

何も昼にラーメン食べてる人に「ラーメンは身体に悪いよ!やめた方が良いよ。あーあ、腎臓壊して終わりだわ」と言ってるわけでは無いんですよね。それは個人の自由ですから。

サラリーマンをdisってる人に対して「僕はサラリーマンだけど良いところもあるよ」と伝えてあげるのがクソリプと呼ばれたらそれまでです。
こう言うひとには何を言っても響きません。自分の考えが全てで正解で、指摘してくる人はクソリプで余計なお世話なんですよね。結果、イエスマンだらけになって成長が止まり気がつけば裸の王様…で済めばよい方です。みんな離れていったら何も残りませんからね。

建設的な口論ってのはあってしかるべきだと思います。それがお互いの成長に繋がると思うのですが、いかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください