お気軽にお問い合わせください!

初めて自分でちゃんとした曲を作った話

高校時代からなんちゃってバンドをやってたんですけど作詞作曲は別のメンバーで当時キーボードを担当していた僕は曲調に合うアレンジをしておりました。

そして、高校卒業時にバンドマンとして生きるのを諦めて僕はプログラマーの道へ入ります(大学進学は1ミリも考えてませんでした)

新人時代。高卒の僕らは二人部屋が基本でした。幸か不幸か仲は悪くなかったです。
僕がマックを買ったりやたらCDを買ってたりしましたが相方の領域にはせめてなかったです。

楽器としてはKORGのシンセサイザー一台。当時はシンセのスピーカーも一台1万円で右と左で2台必要でしたね。
んで、それをマックに取り込ませる仕組みまでは作ってました。

今でこそギターメインですけれど、高校時代はキーボードをやっていたのでキーボードの方が思い通りのメロディーが出せたんですよね。

Piano2 e1511832691690

話は変わって。…当時合コンってのが主流でして、同期の女の子経由でたくさん開いてもらいました。

んで、場所は大抵は八景島シーパラダイスでした。理由は簡単。僕たちの住んでいる寮から歩いて行けたんですよね。出来たばっかりだったし。

その後、上大岡か新杉田で居酒屋を挟み、横浜に行ってボーリングかカラオケってコースだったんですよね。
それらは今は無きハマボウルの近くに密集しており、ラブホ街も併設されておりました。実にうまい感じだったんですよね。大抵は土曜の深夜。
あの空気感、今でも思い出したりします。

さて、今回知り合った子はそう言うのには参加してませんでした。でも、残業で帰る時間とその女の子がバイト終わって帰る時間(と乗る電車)が一緒だったんですよ。変な意味、僕は残業時間を調整してその子と同じ電車に乗るように仕掛けていました。
横浜駅、京急に乗って(ほとんど座れたんですよね)話しながら帰ってたんですよ。

女の子から一個下の彼氏がいたけど先に上京することになって別れた。
と言うエピソードをききます。

僕は聴き手に徹して彼女のエピソードを毎日聴いてました。

そんな日が続いてた金曜日。電車を降りてからの帰り道(駅としては僕の方が先に降ります)、そのエピソードを元にした曲が降ってきたんです。不思議にメロディーは一発で降ってきました。こう言う事あるんだなぁって。

寮に戻ってメロディーに合わせてキーボードを弾くまでは鼻歌でなんとか繋いでました(ボイスメモとか無い時代だったんですよ)
実に鍵盤を触ってから15分で全て出来たんですよ。曲が降ってくるとはこの事でしょう。コードもほぼ一発で合いました。

Aメロがカノン進行の曲。当時はカノン進行の理論も理解していなかったのに、自然にできたんですよね。
今考えてもあんなにメロディーとコードが一発で合った事は無いです。「曲が降ってくる」とはこの事だろうと今でも思います。手グセも無かったし。自分でもびっくりです。

今でも曲としては古臭く無いと自負しているんですが歌詞は今聞くといささか古いですね。

BメロはGをメインとしてdimを挟んでAmに持って行きました。当時は気持ち良かったコードってかんじでしたがdimというコード名を知ったのはのちの話。ここでも自然に出てきた意味不明のコードだった訳です。

サビはシンプルなコードでしたね。
歌詞はあくまでもあの子が主体。僕はこの歌には現れません。
毎日の電車で元カレのエピソードは聞いてたので一気に吐き出しました。

なので、作詞作曲を合わせて15分と言う事になりました。曲を作るときには詞先、曲先ってのがあるんですが、同時に作れるのはプロでも厳しい事です。

自分で言うのも何ですがいい曲ができたと思いました。これをマックにぶち込んで譜面作成ソフトで譜面にもしました。

で、そのマックなのですが相部屋の友だちがマックが欲しい!って事で譲る事にしました。
そのマシンにはぼくの曲が入ったままだったのですが、その知人は「え?これ誰の曲?プロの曲だよ!」と嬉しがってくれたのがなんか認められたような気がして。
インターネットで公開する術も無かった時代だったんで。

ちなみにその曲が完パケした後、会社のワープロで歌詞カードを作りテープ(テープってのが時代ですね)に完成版を録音しました。

そして、いつもの様に夜の23時に同じ電車に乗った時にその曲を聴かせました。歌詞カード込みで。
彼女は電車の中にも関わらず大泣きしました。作詞作曲家としては大成功です。

ただ、彼女が元カレを思っていると言う曲としては大成功でしたが僕の愛情は諦めるしかありませんでした。

W621 GettyImages 583825613

この時ですね「作品のためには色々と犠牲にする事がある」と言うのを感じたと共に自分がシンガソングライターになった瞬間ですね。

君のための曲をかいて、
それを聴いた君の感情が動く。

音楽ってそれで最高だと思います。
これからも色んな想いや人に対して曲を作っていこうと思います。

音楽楽しいよー!最初に作ったのは18歳位だけど44歳の今でも曲を作れるよ。まだまだ、音楽は楽しいよ!

44歳の今、あの時の曲を再度きちんと録音してSoundCloudにあげようと思います(デモ版はもう上げてます)

バンドやろうぜ!
チャオ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください