お気軽にお問い合わせください!

初めてメタルスライムを倒した

さて、新型コロナによる緊急事態宣言で不要不急の外出を控えている。
今までは平日の在宅勤務があったがシームレスにゴールデンウィークに入ってしまった結果、いよいよやる事がない状態である。

そんな時に久々にスマホゲームをインストールした。スマホゲームは長くできる方ではなくすぐに飽きて辞めてしまうので基本的にやっていなかったが某テレビ東京の深夜番組とのタイアップ企画のゲームがあり久々にインストールして遊んでいる。

スマホゲームと言うのはガチャがあるのが多いであろう。何せ課金(集金)システムで1番楽なのがガチャなのだ。
で最初に少しゲームをやる(チュートリアルとも言う)と無料でガチャを引けるものがほとんどだ。ここで(無料で)強いキャラをゲットするのが定石。引けなかったらアンインストールしてもう一度強いキャラを引くまで繰り返す…この行為をリセマラ(リセットマラソン)と言う。

僕はその某番組のキャラが使えれば良いので特に何も考えずにやっていた。今回やっているゲームは自分+5キャラの6キャラで敵と戦う。6キャラの総合戦闘力と言うのか表示される(ゲームによるが通称‘火力’と呼ばれている)のだが、毎日ぽちぽちやっているうちに気がつけば総合戦闘力が115億となっていた。

IMG 3795

スマホゲームの攻撃力や体力はインフレ傾向が著しい。大体115億で10億ダメージ与えても、115で10ダメージでも基本的には変わらないのだ。
だが、数値は大きいほうが地持ち良い。人間とは不思議である。

さて、このインフレいつから始まったのだろう?記憶は小学校か中学校の頃まで遡る。確かファイナルファンタジーだ。”『9999』ダメージ”。これでもか、これが1番大きい数値だよ。とでも言わんとばかりの数値。「ああ、これ以上育てなくても良いのだ」と言う安心感もあったのかもしれない。

さて、ファイナルファンタジーと双璧を成す国産のRPGと言えばドラゴンクエストである。
こちらはそんなにインフレした数値は出てこなかったので個人的には好きだった。そんな、ドラゴンクエストにも実はインフレはあったのだ。それもシリーズ1作目。ドラクエ1だ。

当時のドラクエは(今もそうかもしれないけれど)同じ場所で敵を倒しレベルを上げて次のエリアに向かう。勝てないなぁと思う敵が多いとまた戻り自分が倒せる敵をひたすら倒してレベルを上げる”レベル上げゲーム”だった。
小学生の頃、まだ一家に一台ファミコンが無い頃、「波秋くんレベル上げるだけだからドラクエやらせて」と言う友達がいた。僕の家に遊びに来てひたすら同じ場所でくるくる回り敵を倒しレベルを上げる。それだけでも楽しかったのだ。

その時、見知らぬ敵が出てきた。いや、見たことはある。スライムだ。でも灰色。友達と「なに!?なに!?」となった思い出がある。攻撃しても1ポイントくらいしかダメージを当てられない。こちらもだいぶ強くなっているのに、だ。
地道に戦っていくとその敵を倒す事ができた。驚いたのはその後だ。とんでもない経験値が入ってレベルがどんどん上がっていくのだ。

ててててってってってー

ドラクエのレベルが上がった音が連続でなる。もし僕が精通していたら射精していたかもしれない。
そう、メタルスライムである。
当時はインターネットももちろん無かったし、竜王が変身することも知らなかった。そんなときに突然出会したメタルスライム。

今なら「この辺ははぐれメタルが出やすいぞ!」とかの情報がすぐにわかるだろう。しかしら当時そんな情報どこにも無い。
次の日も探したが出会うことは出来なかった。

その当時、RPGはそんなに流行ってなく学校でもあまり話題にはならなかった。

メタルスライムを最初に考えた人、どのような思いでこのモンスターを考えたのだろうか?ちょっとしたサプライズなのか、それとも投げやりだったのか?

Yjimage

35年前に初めて出会った経験値のお化け。
当時、メタルスライムを考えた人は今のインフレしたスマホゲームを見てなにを思うのであろうか…

余談だが、当時ドラゴンクエストはセーブ機能の代わりに「ふっかつのじゅもん」があって、1日の終わりに僕と友人でノートに書いていた。
ある日、友人が「ドラクエクリアした!」と僕の家を訪ねてきた。そう2人で育てたキャラ「なみあき」のふっかつのじゅもんを使って他の友達の家でクリアしたらしい。

その日の夜に夜更かしして無理やりクリアしたのは良い思い出だ。元気かな?あべちょん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です