>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

PSPの思い出

2024年。プレステ5(PlayStation5)が品薄だった時代は過ぎ、中古市場にも普通にプレステ5が並ぶようになりました。当時は品薄の為に購入権利は抽選で、もし当選して買えたらほぼ確実に購入価格以上で売却できたそうです。転売ヤーでなくても抽選に申し込んだ人はいたと思います。

現在のプレステはプレステ5が最新です。僕が最後に買ったのはプレステはプレステ3だったような気がしますので僕の中ではプレステ4は完全に眼中に無かったみたいです。ちなみにプレステ3もなんかはまるゲームに出会えずにすぐに売却した記憶があります。……プレステ4は眼中に無かったと書いてしまいましたが人間30歳を超えた辺りからゲームに熱中出来なくなってくるんです。「ゲームが出来るのも才能」。そんな感じのため、本当にゲームのハードには全く食指がわかなくなってしまったと言うのが本心ですね。

僕にとってはプレステ(初代)が発売された時のインパクトはとても大きかったですね。FF7が僕の中で今でも神格化されているのはプレステで出たFF7のインパクトが大き過ぎたのかもしれません。その後に出たプレステ2はDVDプレイヤーとしても普通にDVDプレイヤーを買うよりもコスパが良かったと言う…。

僕の中での”プレステ”シリーズで本当にやり込んだ最後のハードは携帯型でした。PlayStationPortable。通称PSPです。

R 40324e6d5396c3f3a96af465a7c770dd

PSPはモンハン(モンスターハンター:カプコン)をやる為に購入した覚えがあります。時にニンテンドーDSが発売された頃だったと思います。当時北九州に仕事で行っていた僕は先輩から「ニンテンドーDSを手に入れたら高く買う。娘に渡すから見つけたら即購入してくれ」と言われたものでした。最初に書いたプレステ5みたいな感じですね。

その後、伝説のモンハンとも言われる2ndG(これまたゲームなのに本当に品薄でした)を入手後は本当に猿みたいに遊んだ覚えがあります。モンハンと言うゲームは性質上色々な武器を場合によって使い分けて遊ぶのが一般的なのですが、僕は双剣という武器しか使わなくて本当に”何百時間”と遊んだ最後のゲームでしたね。

また、PSPはそれ自身のゲームだけではなく(バッテリー部分を使った)ハッキングによりメディアプレーヤーやエミュレータと言う不思議な使われ方をしていました。北九州で仕事をしていた時代、お客様が持っていたPSPには物凄い数のアニメが入っていました記憶があります(もちろん違法です。時効と言う事で…)

またPSPは”アドホック通信”と言う仕組みがあり30m位の範囲内あればネット環境がなくても複数人でゲームを遊ぶ事が出来たのですが、擬似的にインターネット経由でアドホック通信をすると言う仕組みがあり、その仕組みで同期とバカみたいにモンハンばかりしていたのも良い思い出です。(X Link Kaiってハードを使ってました)

PSPを出したSONYによる次の携帯型ハードであるPlayStationVitaが発表された時、次のモンハンはVitaだと思ってたんですよ。多くの人はそう思っていたのではないでしょうか?しかし結果的にニンテンドーDSにて発売。「何故なのだ…」と心底思いました。その後念のためニンテンドーDSでモンハンを買ったのですがキャラメイクしただけでやめてしまいました…。
VitaはPSPで培ったノウハウを詰込んだまさに次世代ハードだったと思うのですがローンチタイトル(ハードの発売と共に発売されるゲームタイトル。やりたいゲームがあればハードが売れるのでハードの売上初動に大きく影響します)に恵まれず結果的に不遇のハードになった気がします。

PSPって本当にちゃんとしたハードだった気がします。もちろんニンテンドーDSも2画面で片方がタッチパネルと言う任天堂らしいユニークはハードで流石に任天堂と言う感じでした。実際ニンテンドーDSは長く愛されるハードになりましたからね。
やはり個人的にはモンハンみたいなゲームはSONYのハード、もっとユニークなゲームは任天堂のハードって感じがしていたんですよね。ある意味『モンハン』はもっとプレイヤーを選ぶようにストイックで欲しかったな……と言う感じがします。

別にDSが悪いわけでは無くて僕の持論として『ゲームはハードによって棲み分けされるべき』でモンハンは任天堂では無い方がよかったな…と。

それからかなりの時が経ち同じゲームでも色々なハードで発売されるようになりました。今のゲームは『リアルタイム演算』が主となっていて画面の描写などの性能はハードに依存されますが、どのハードでも遊べない訳では無いって感じですね。スマホのゲームも一緒ですね。その為にスマホやタブレットの性能を評価するのにゲームのベンチマーク数値が使われるようになってしまいました。ゲーミングパソコンと言うのがここ数年出てきたのもゲームの性能をハードで上げることが出来る時代だからだと思います。

でも、なんかハードにはハードなりのボタン配置があってそのゲームを攻略する為にはボタンの押さえ方も特殊だった時代(俗に言う『モンハン持ち』)ってのも楽しかったななんて思う今日この頃です。

……なんか最近、スマホのソシャゲとかでは無くてシンプルに時間の無駄みたいなゲームをダラダラやりたいな、なんて思った時に『DSとか PSPの昔のゲームやればいいじゃん!』とふと思いこのエントリーを書いた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です