>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

Mr.Childrenの新しい方向「REFLECTION」

現在、Mr.Childrenの映画がやっております。名前は「REFLECTION」。
別にミスチルのメンバーが役者として、娯楽大作を演じている訳ではありません。

いわば、LIVE FILM.

実際に、2014年にファンクラブ限定で行われたライブを映像化したものです。
まぁ、ファンクラブ限定のライブかぁ。って位であまり食指が沸かない人もいるかもしれません。

Maxresdefault

僕も最初はそうでした。

でも、この映画化の内容を見ているうちに(2014年の年末に映画化が発表されてます)、「これは絶対に見に行かねば!」に意識が完全に変わっていました。

「今までは、CDをリリースし、それに合わせてツアーを行ってきた。このルーティーンでは無く、もっと別の方法はないか?と考えた時に、今まで聞いた事がない曲を聴いて心が踊るだろうか?そんな事を試したくなってきた。」のような事を桜井さんが言っていた訳です。

つまり、多くのミュージシャンはCDをリリースし、そのCDを冠としたツアーを行うのが通例です。
しかし、CDをリリースする前にその曲をライブで演奏してしまう、と。ポカーンとされるかもしれません、しかしそこはMr.Children。もうやろうと思って出来ない事は無いのです。

今となっては発表されている「放たれる」「足音〜Be Strong」「MELODY」などもありますが、2014年ライブ時にはまだ発表されてない曲達です。
それだけではない、僕も前知識なしで見に行ったので、本当に「新しいMr.Children」の曲を沢山聴く事が出来ました。

良かった点としては、これがライブハウスでの演奏だと言うこと。実際には全国のZeppで行われたこのライブ。
Mr.Children位になると、ホールツアーやドームツアーが当たり前です。演出やゲストミュージシャンにこだわりショーとなるでしょう。
しかしライブハウス。サポートミュージシャンはキーボードの”SUNNY”(久しぶり!)だけ。サポートギターもいません。
完全にMr.Childrenの演奏なのです。

思ったより、田原さんのギターが攻撃的で、そして、進化している事を思い知らされます。

なにより大きいのは「小林武史」との決別です。
最近のMr.Childrenのツアーキーボードはほぼ小林武史でした。そして編曲にも小林武史。これはこれでMr.Childrenの初期の成長には必要だったのですが、今のMr.Childrenには必要ないと思うのです。

今回の新曲にも一切小林武史は絡んでいません。Mr.Childrenは「エンジン」と言う新事業所を立ち上げました。音楽だけをやっていく事業所です。

映画にも、SPECIAL THANKSのクレジットに出てくるだけ。

完全に、Mr.Childrenは新しい一歩を踏み出しているのです。

今回はツアーを先に行い、ツアーファイナルと同時に新アルバムを発売する模様。
CDの販売枚数にこだわらない、新しく「退屈なヒットチャートにドロップキック」するMr.Childrenをみてみたいですね。

映画は、2015/2/7-2015/2/27の3週間限定公開。僕が行った2015/2/15の12時の部はほとんど満席でした。

時間があれば、「未知なるMr.Children」を体験しに行ってはいかがでしょうか?Mr.Childrenが好きなら、「あ、あのミスチルが帰ってきた!」と思う事確実です!!

Mr.Children「REFLECTION」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です