お気軽にお問い合わせください!

集団行動のライブ「集団行動の会談公演」に行ってきた!

2/7日は集団行動(と言うバンド名)の2ndアルバム「充分未来」の発売日でした。んで2/7にレコ発ライブとして「集団行動の会談公演」を渋谷クアトロでやることになりました!

今回は2マンで。対バンはAwesomeCityClub(A.C.C)です。今回の会談公演をやるにあたって二つのバンドのリーダーが話している動画がYoutubeに上がっております。

実は3月に行われるワンマンライブはチケットを取っているんですけれど、この「会談公演」はチケット取ってなかったんですよね。で、前日になって「チケット取れるかなぁ?」と思ってチェックして見るとチケットがあっさりと取れたので購入して行くことにしました。

IMG 1611

いやぁライブは久しぶりだなぁ。

IMG 1614

クアトロは久しぶりです。

IMG 1615

ありそうでなかったキャッチコピーですね。

前半はACCです。僕に取っては全くの初見。女性ボーカルの人がへそだしルックでした。セクシー!

みんながシンセをサブに持ってる感じの不思議なバンドでした。ベースの人のラップもありました。音楽は非常に耳障りが良い感じです。
リズム的には腰が左右に動くグルーヴ。

ストリングの音が鳴ってて誰も演奏していなかったのでプログラミングあるかも?って感じです。

やっぱり、ライブは全席自由のオールスタンディングが楽しいですね。
ベースの音が心臓を支配する感じが良いです。

10分位のセットチェンジがあり(この時にトイレに行けました)、さて集団行動。

電話のコール音がなり、留守番電話の音声に切り替わります。
「もしもし?集団行動の時間です」と言うボーカルの声でスタート。

セットリストを取ろうとメモったのですが、「充分未来」は聞いてなかったのでイメージで書いてます。リアルなセットリスト!

  • 会って話そう
  • ぐるぐる巻き
  • 美術館で会った人だろ?(テレビジョン)
  • 東京ミシュラン24時
  • 充分未来(20時30をお知らせします。ほぼリアタイ)
  • ホーミングユー
  • スープの秘密?ビートをきざむバババババ
  • フライトの時間まで、
  • もったいないの、進入角度、絶対零度
  • 私は、地球が回ってる
  • AED
  • 土星の輪
  • <EN(物販説明はさむ)>
  • モンド
  • 暗い森の奥で(おしゃか)
  • 流れ星が、何年経っても
  • バックシートやらなかった。残念。

さて、Twitterに答え合わせが載っていたので載せておきます。こちらが正解。

89CD4C11 C26E 43F1 ADF3 D01A55F5144E

テレビジョンって曲はまだ音源化されてないはずです。僕は初見で「美術館で会った人だろ」というP-MODELの曲が浮かびました。リファレンスになってないかなぁ?(真部さんは割とリファレンスを自分で公言しています)

ファンはオシャレな人が多かったです。渋谷と言う土地柄でしょうか?

真部さんは「大きい」と言う感じがしました。背が高いとか太っているではなくて”大きい”
黒いストラトキャスターを弾いていたんですけれどギターが小さく見えるんですよ。
イメージ的には外国人の工場とかでクラフトマンが弾いてるような感じ。
黒のストラト、裏バネは3本でした(蓋はしてなかった)
ストラトはアームがあるのですけれど結構使ってましたね。使い方としてはアームは「蓋をする(音を閉じ込める)」感じで。ストラトならではと言うか。バックシート・フェアウェルと言う曲のギターソロでその感じを聞くことができます。

19時開演で21時20分に終了。MCがほとんどない2時間20分でした。こんなにMCがなくて連続で曲をやるのか!って感じがしました。

今回は物販を先に買ってたので初めてライブハウスのロッカーを使いました。コートも入れられたので便利でした。
帰りは物販に行列ができていたので先に買ったのは良かったんだなって思います。あ、結局CDも物販で買いました。メンバーのサイン入りポスターが特典。これは貴重ですね。

IMG 1620

新しいアルバムの曲は真部カラーが減ったと言うか、新曲は初見だったので、直感的に21世紀の歌謡曲を感じました。普遍的なものを探しながらそれによって埋没しそうな没個性を危うい部分ですくい上げてる感じ。
非常に危うい部分を渡り歩いてる感じがしました。もう少しで突き抜けそうな感じ、水面に出そうな感じです。
一歩間違えたら歌謡曲として埋没してしまいそうな感じ…うまくやったなぁって感じ。厳しく言うと(真部サウンドを封印して)これからどうなるんだろう?と言う危うさもあります。

実は、今回のアルバム(充分未来)の曲もほとんどは去年の段階でできていて去年のライブですでに披露していたそうで。そう考えると、真部サウンドとしてのファーストと、集団行動としてのセカンドってわざと分けたんだな?なんて気持ちが湧いてきます。

真部さんは「今年はライブをたくさんやっていきます」と言っていました。バンドとして経験値をつむ修行の時ですね。ボーカルは特に。今年はライブにたくさん行こうと思います!

ますます楽しみだ!集団行動!!

2 COMMENTS

anonymous

>僕は初見で「美術館で会った人だろ」というP-MODELの曲が浮かびました。

僕もそう思いました。入りはほぼまんまですね。集団行動聴いてる人でどれだけ平沢さん知ってる人いるかしら。

返信する
波秋

本人が明かしてましたね。
ちなみに、クライム・サスペンスはJUDY AND MARYのHello,Orange Sunsiainで、ザ・クレーターはユニコーンの「おかしな二人」が混ざってます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください