>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

国会にもトリアージを!!

僕は毎日「はてなブックマーク」と言うサイトで最近のトレンドや関心のある話題を調べているのですが、本日こんな見出しの記事が載っておりました。

不正常なのは国会ではなく政府です

ツイッターなどの発言であればスルーする話題ですが、この記事を書いているのが辻元清美議員だったので「お?」と思ったんですよ。

私たちには追及したい問題がたくさんあり、法案の対案も準備しています。早く審議を再開したいのです。

なるほど、つまらない事はさっさと終わらせて本来すべき問題に注力したい、と。素晴らしいですね。

そのため私たちは立法府として、正常な体制に戻してほしいと与党に要請しました。

=============================
<2018年4月18日 野党6党提出 要請内容4項目>

1. 麻生財務大臣の辞任、並びに福田淳一財務事務次官の罷免を強く求める。
2. 森友・加計問題の全容解明のため、柳瀬唯夫元総理秘書官をはじめ、関係者の証人喚問を
強く求める。
3. 財務省による文書改ざん問題の調査結果の4月中の公表、並びに改ざん前の文書の全容の
即時公開を求める。
4. 自衛隊の日報問題の真相究明、並びに自衛官の暴言問題の早期の事実確認を強く求める。
=============================

「ほへ?」って思いました。今、まさにテレビのニュースでやっている話題ですよね。

さらに、次にまたこのように書いています。

外交問題が切迫している中で、国際的な信用を失わせているのは、政府与党、そして安倍総理なのではないですか。

おいおい、違うだろ。って思わず思ってしまいました。
外交問題が切迫しているのであれば、それに対して審議・議論をすべきなのです。

僕に言わせれば「世界情勢からみて、トランプ大統領の米韓・米中会議や、シリア紛争に対する日本のあり方を議論するのが最優先であって、モリカケ問題は事後でもいいだろ」って感じです。

僕もエンジニアとかしていると、仕事上色々な課題が出てきますがプロジェクト全体として対応する場合は、”発生した問題から順番に”では無く、”問題の重要度・優先度”を基本に課題解決に取り組みます。社会人なら極々当たり前のことです。

それを「モリカケ問題が解決しないから!麻生副総理が辞任しないから!野党は国会を欠席(良い言いかたでのストライキ・ボイコット)してるんです!」って言われても「そりゃ、国内だけのセクハラとかの問題と日々変化する世界情勢のどっちが大事なのさ!」と言いたくもなります。

ちなみに、災害時などで、多数の病人が発生した場合、治療のする順番を決める事を「トリアージ」と言います。ちなみに僕はこの言葉を小説(映画)「ジェネラルルージュの凱旋」で知りました。

要は、
・大した怪我ではないから、後回し
・今すぐ治療しないと命に係わるので優先
・今すぐ治療しても存命確率がきわめて低いので、対応しない
などの区別をして、治療の優先順位を付けると言うものです。
一人でも多くの人の命を効率的に守るために生まれた知恵ですね。

9 START categoly

普通の総合病院とかでは基本的には診察受付(診察券)の順番で診断されていきますが、そういうのを別に考えたとして病院の待合室に「微熱なので風邪かも?」って患者と「口から血を吐きだしながら苦しみに耐えている」患者がいれば、そうなれば順番なんて関係なくなるのが道理だと思うんですよ。

「セクハラをしたのは事実なんですか!?事実ならどう責任を取るのですか!!」と言う議論と「トランプ政権のシリア情勢に対する対応に関して日本はどのような態度を取るべきか?」と言う議論、簡単に言うと、辻元清美議員は「セクハラ問題が解決せずに、シリア情勢問題の議論は出来ない」と言っているんですよね。政治家ってバカなのかな?って思っちゃいますよ。

僕の政治思想は右寄りですが、だからと言って「野党は売国政党だ!」とか言うつもりはありませんし、モリカケでもセクハラでも議論して下さいよ。国会がヒマな時に。

それとも、「私もシリア情勢に関しては議論したいんです!でもセクハラ問題が解決しない事には!!」とでも言うのでしょうか?バカも休み休み言ってほしいものです。

モリカケやセクハラは事実がどうであれ変わらないですが、世界情勢は日々変化していきます。その為にG20に出席しようとした麻生副総理を「出席するな!」って言って混乱させているのは野党です。

ちなみに、森友問題に、安部夫人がかかわっている疑惑があるから審議するのであれば、同じく辻元清美議員には”生コン疑惑”と言われる疑惑があるので、そちらも審議する必要がありますね。

しかし、政治家を名乗るなら、政治を行ってほしいです。学級会ではないのですから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です