>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

スーツにリュックってあり?

毎日のように通勤電車に乗っていると、リュックを背負っているサラリーマンが沢山います。その数はどんどんと増えているのではないでしょうか?まぁ、楽ですからね。

僕の上長もリュックですし、他にもリュックで出勤んしている人がいます。

「満員電車の中でリュックは邪魔!」とかそう言う意見を読みますしそう言う風に感じることも実際にあります。

Train ryukku butsukaru

でも、それ以上に僕にとって「スーツの美学」を感じないんですよね。

昔からリュックでは通勤していませんが、肩掛けカバンを使っていました。理由は簡単で「両手が自由になる」からです。

当時はコンビニとかで立ち読みとかしていたんで、やっぱり両手が空いている状態じゃないと辛かったんですよね。

しかし、やっぱりそれも「スーツの美学」に反するなぁ。って思いました。

10年前位にオロビアンコのカバンを買ったのですが、それを機に、肩掛けをやめました。片手(僕の場合は主に右手)で常にカバンを持つ状態になるんですけれど、今はスマホの時代ですからね。

正直スマホは片手で出来ますから。時代は変わったものです。
ただ、雨の日は流石に辛いですね。片手がカバン、もう片手で傘ですから。スマホいじれないです。

あと、昔はデザインよりも機能性重視の鞄でした。ポケットが沢山ある!とか、中に仕切りが沢山ある!って奴ですね。
当時はリュックで通勤している人いませんでしたし、「SEにとってスーツなんて作業着だ」って考えだったんですよね。

なので、カバンのポケットなどに入れる場所もいつも決まった場所にしていました。B型の特徴でしょうかね?また、中の仕切りも端っこはxxで、真ん中にはyyとかそういう風にしていました。

書いてて思い出したんですけれど、このころって僕は長財布を使ってなかったんですね、たしか。カバンに財布を入れてたって思い出が無いんですね。

ある時、自分自身の改造計画をしたことがあります。眼鏡はオリバーピープルズとか、スーツはスリーピースとか…。
その1つで長財布と小銭入れを分けるってのも実施したんですよね。

おかげで、会社に行くにもプライベートにも長財布を入れるカバンが必須になったんですけれど、そういう手間もまた美学かな…なんて。
(ちなみに、おかげで長財布を忘れる事も多くなりました。今でもたまにあります)

今では機能性重視です。スーツもクールビズの結果かノーネクタイでも特に指摘を受ける事が無くなりました(僕たちもお客様も)

なので、「手でわざわざ手さげカバンを持つなんて機能性悪っ!」と思われるかもしれません。でも、僕にとっては美学の一つなんですよね。

ちなみに、プライベートでは「パチンコ屋の行列でみんな持ってるやつ」こと、ボディーバッグを利用しています。両手フルに使えます!

みなさんにもそう言う「他人に理解されないかもしれないけれど自分が持っている美学」とかありますか?

ではっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です