お気軽にお問い合わせください!

時計マニアが近くにいても大丈夫!AppleWatch!

スマートウォッチってのが出て随分とたちますね。
AppleWatchも第何世代とアップデートしていますが、色々なスマートウォッチが出ていたひとときのブームは去ったような気がします。

さて、僕は腕時計が好きで「スマホがあれば時計はいらない」って言う現代の若者のタイプではなくて、「左腕に腕時計がないと落ち着かない」と言うタイプなんですよね。

時計は「時間がわかればよい」と言う安いものから、「お前金持ってるなぁ」って言う富裕層向けの高級時計もあります。
僕はその中でもグランドセイコーって言うブランドが好きでその中でもスプリングドライブっていうのに憧れてます。

営業の人とかは「つけてて恥ずかしくないレベルの時計をしろ」なんて言われたりしますし、ビジネス書では「最初に出たボーナス全額使って高級時計を買え!」なんて書いてあったりします。

そこまでしなくても良いのではないか?って思うんですけれど、実際に営業の人で時計好きな人と話した事があるんですけれど「あんまり高い時計をするのも考えものなんだよねぇ」と言っておりました。
世の中には「自分より高い物を付けている人」にジェラシーを感じる人も多くて、あんまり高級時計を付けていると「お前(営業)ごときにそんな高級時計は勿体無い!」なんていう風に思われてしまうそうな。

なかなか難しいんですな、と話していると「プライベートでは好きな時計をつけるけれど、実は今はAppleWatchがあるから客先に行くときはそれを付けていけば楽になった」と言ってたんですよね。

AppleWatch

確かに、超高級AppleWatchも無いですし、超廉価版AppleWatchもないですね。あってベルト位。そうすると「あぁ、AppleWatchですか。どうですか?使い勝手」みたいな感じでスマートに話が進むそうです。

「なるほどね」と思いました。
AppleWatchはApple信者も付けてるしスマートウォッチが好きな人も付けていますが、営業ツールとしてのAppleWatchってのは思っても見ませんでした。高いも安いもない。均一の値段のツール。時計を”時間をみるツール”と考えると理に叶ってますね。

ちなみに、僕も出たばかりの頃にAppleWatchを1年間位使ってみたんですけれど、如何せん電池が持ちませんで、客先で徹夜とかすると翌日の夜まで持たないんですよね。さすがにそうなってしまうと時計の意図としては全く無いので普通の時計(僕の場合はアナログ時計)に戻しました。

時計だけではなく、革靴やスニーカー、スーツなど、身に付けるものでも色々な価格帯もあると思いますし、各自色々な思い入れや趣味嗜好もあると思います。
そんな時に恥とならず、かつ嫌味にならない程度のレベルの物を用意しておくってのは良いかもしれませんね。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください