お気軽にお問い合わせください!

三重県にパチンコ屋が無かった時代

はじめに

“年末年始の三重のオールナイト営業!”と言う言葉にピンと来た人はパチンコ・パチスロをやる人だと思います。
普通はパチンコ屋は9:00(10:00)~23:00までの営業です。なので、「うわー出玉が止まらないー」と言う状態になっても閉店になれば止めなければいけません。
そういうパチンカー、スロッターは「あぁ、閉店が無ければ無限に出るのに…」と思うものです。

オールナイト営業

そんなパチンカー、スロッターの夢を少しだけ叶えるのがパチンコ屋のオールナイト営業です。24時間パチンコ屋が空いているのです。良いモード(予想より出すぎる事を(良い意味で)”ぶっ壊れた”と言います)に入ったまま翌日まで打てるのです!
勝てば超天国、負ければ超地獄。それがオールナイト営業なのです。
勿論、このオールナイト営業、お上(警察)が許すわけなく下記の条件のみ営業可能となります。

・年末年始(12/31~1/1)
・三重県にある事

なぜ、三重県だけオールナイトが可能なのか?と言うと、”伊勢神宮参拝者に対してトイレと駐車場を提供する”と言う大義名分があるからです。

Allnight

伊勢神宮と言えば、日本全国から集まる神社です。
ってー事で、どこの神社でも良いと言うわけではなく”伊勢神宮”だからよいのです。逆に言うと伊勢神宮があるから三重県だけオールナイト営業ができるのです。

そもそも昔の三重県は?

そもそも昔は三重県だけパチスロが無かったのを知っている人は何人くらいいるでしょうか?

それは当時のパチスロは射幸性が高くそれを危惧した三重県警がストップをかけていたんです。
しかし、当時のパチスロブームはかなり高く、パチスロマネー(およびその経済効果)を欲しがった結果、三重県警が折れた形になります。2000年7月の事でした。

2000年と言えば20年前ですね。逆に言うと今でもパチスロ屋が営業していると言う事を考えればそれだけロングセラーなギャンブル(遊戯)と言う事になりますね。
(まぁ、ほとんどのギャンブルは昔からロングセラーですけれど)

時期は良かった?悪かった?

さて、2000年7月にパチスロの設置を許可した三重県ですが、許可した時代は俗にいう”爆裂AT機”と言う機種が出始めた頃なんですよね。
ちょうど、「万枚(=10000枚)が出る!」と言ったエポックメイキング的な台”獣王”が発売された年でもあります。
結果的にその後、2002年に多くの人(スロッター)を狂わせた”ミリオンゴッド”が出たのであくまでも、「射幸心をあおる心配がなくなったから」と言う理由ではないですよね。
完全に時期が悪かったと思います。スロッターにとってはちょうどよい時期となりますが…。

何か裏で大きな力が動いたとしか思えません。

まぁ、建前ですよね。

ここまで、三重県のパチスロオールナイト営業について書いてきましたが、まぁ、完全に建前ですよね。
そもそも、伊勢神宮は”伊勢市”にあるのに、”三重県”の店が(トイレ・駐車場提供目的で)オールナイトになるってのは今の時代、ちょいと違いますよね。あと、コンビニなどが増えてきているのでわざわざパチンコ屋を開ける必要ってないっちゃーないんですよ。

それが、スロッターの中では「年に1度のお祭り」みたいになってしまっていて。

建前と本音とは良い言ったものですけれどここまでわかりやすい例はないですよね。

おわりに

結局、伊勢神宮の為にトイレや駐車場を提供する(と言う名目で)事でパチスロ屋のオールナイトが始まったわけですが、2020年になると、本当に勝てない時代になり、またお客のマナーも悪化して、結果的に伊勢神宮のマイナスイメージになると言う本末転倒な形になってしました。

現在、オールナイト営業は「店側に取って大回収できるシーズン」となっています。
これからギャンブル依存症の問題も出てくるでしょう。

おそらくですが、ここ数年以内にオールナイト営業は無くなると思います。まぁ、無くなったところで「伊勢神宮参りに来たけれどトイレ不足!」なんて事はないと思いますし、パチスロ人口も減っています。

無くなっても問題ないと思います。そんなことよりもっとギャンブル性の無い楽しい施設を作ってほしいですね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*