ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!

立ち食いそば猛者がたどり着く最後のメニューはコロッケそば!

突然ですが、立ち食いそばって美味しいですよね。蕎麦は蕎麦なんですけれど、立ち食い蕎麦はとにかく、早い、安い、美味い。と言うファストフードの原点が詰まってるんです。小賢しい技術は使わない、値段に見合った味で勝負!って奴です(コスパって奴ですね)

キチンとしたマナーにそって食べるよりは我流で胃に流し込み、小銭を投げて爪楊枝咥えながら帰る。それが粋ってやつです(まぁ、現在は食券の先払い制なんですけどね)

僕が若い頃は駅のホームに立ち食い蕎麦屋がたくさんありまして、別にチェーン店とかではなくて、それぞれ店の個性が出ておりました。実によかった。

電車で長距離移動するときにどこかの駅で少し長い時間停車すると言うアナウンスが聞こえてきたらホームの立ち食い蕎麦屋に駆け込んだものです。

もちろん、飲んだ帰りの”締めのラーメン”も美味しいんですけれど、立ち食い蕎麦屋がある場合は蕎麦って選択肢もありなんですよね。ほら、屋台のラーメンは雰囲気ありますけど当たり外れも大きいので…

あと、ぶっちゃけ昔は深夜にやっている飯屋ってのが立ち食い蕎麦位しかなかったんですよ。外食チェーン店とかがまだ無かった時代です。

なので、翌日休みっていう日の夜に結構飲んで、あとは近くのホテル(やカプセルホテル)にチェックインして寝るだけって時によく立ち食い蕎麦屋に寄って腹を満たしてから寝たものです。(30代後半は蕎麦の代わりに家系ラーメンばっかり食べてましたが…。そもそも立ち食い蕎麦屋さんの数が減り過ぎてる現状もありますしね)

僕はここ10年以上、立ち食い蕎麦ってーのは「たぬきそばに生卵トッピング」もしくは「月見そばに揚げ玉トッピング」を頼んでおりまして(結果出てくるものは同じ)、これが僕の中のジャスティスになっております。

さて、ある時に同期と夕方から飲んでおりましてね、まぁ泥酔ですよ。
こりゃーカプセルホテルに泊まるしか無いなってのが決定した後、締めの一杯として入った立ち食い蕎麦屋で一緒に飲んでた同期は「コロッケそば」を注文したんですよ。
彼曰く「これが一番美味しい」らしいです。

僕にはわかりませんでした。
個人的にビックリした思い出があります。

20200901182158

そもそも『コロッケそば』の存在を知らない人も多いのでは無いでしょうか?

普通の1000円位の価格帯の蕎麦屋(座って食べる小洒落た蕎麦屋)にはコロッケそばはありませんよね。なんていうか蕎麦の上にコロッケ乗っけるなんてジャンキー・邪道って感じです。

僕もそう言うちゃんとした蕎麦屋に行く時にはコロッケそばは頼みません(そもそもメニューに無いですし)

でも、酒も入って締めの蕎麦、帰り道や駅のホームで蕎麦を頼む時は”通”はコロッケ蕎麦を頼むらしいんですよね。
いろんな立ち食い蕎麦を食べ歩き行き着く先がコロッケ蕎麦。

ちなみに、コロッケ蕎麦のコロッケはジャガイモベースのコロッケです。最初にサクサクのまま半分位食べて、最後は汁を吸い込んだホロホロになったコロッケを蕎麦で流し込む。
これが正しいコロッケ蕎麦の食べ方(と言われています。諸説あり)

結局のところ、立ち食い蕎麦の“通”が色々と食べ歩きいろんな種類のそばを食べた結果に行き着く着地点はコロッケ蕎麦だと言われているんです。ジャンキーな食品の行き着く先です。

さてこんなエントリーを書いていたら無性にコロッケ蕎麦が食べたくなってきました。

しかし悲しいかな、昨今は立ち食い蕎麦屋も激減しております。駅に併設されていた立ち食い蕎麦屋もチェーン展開されております。没個性。悲しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。