>>お気軽にお問い合わせください!<<

ポケモンをやった事がない。

ポケモンゲットだぜぃ!

前に行きつけのBARがあった頃の思い出で、マスターと常連のお客さんで「ポケモン言えるかな?」の歌を歌っていたってのがありました。
んで、見事に二人で歌い切って、「俺たちの青春だもんなぁ、ポケモンは」とか言って盛り上がっていたんですよね。

僕は残念ながらその会話に入ることができませんでした。理由は簡単です。

「ポケモンをやった事がない」

です。えぇ、見事に一作も。
なんとなくの思い出で、ポケモンはゲームボーイ用に発売されたゲームのはずなので、「あれ?なんでやった事ないんだろ?」と思ってちょっと発売時期を調べてみたら、1996年に発売されたゲームでした。

1996年って言えば僕はすでに社会人でゲームボーイとかやってなかったんですよね。

社会人で忙しいし、仕事終わったら飲むのが楽しかった時代です。なのでチマチマとゲームボーイでゲームしてるのがつまらないと思ったんでしょうね。あと周りでやっている人がいなかったのも大きいかもしれません。
…ちなみに翌年の1997年に発売されたFF7でまたゲームにどっぷりとハマることになるのですが…。

ポケモンはアニメにもなっていましたよね、これについては実際に見たことはないのですが思い出はあります。

Logo

当時は忙しくて毎日終電になるまで仕事して、先輩と帰ってきては毎日最寄りの駅で深夜までやっている定食屋でメシ食べてたんですよね。その時にテレビで「テレビを見ていた子供たちが突然倒れ出した」と言うニュースがやっており、「ついにメディアによる洗脳攻撃か…」なんて思っておりました。今思い出せばそれが”ポケモンショック”事件でしたね。

能見台の思い出

Pokémon GOもやったんですけれど、モンスターに思い入れは全くなかったです。レア度とか強さとか全然わからなかったです。ピカチュウは流石にわかるんですけれどミューとかわかんなかったです。
ただ、Pokémon GOがあったから矢向で素敵なBARを見つけてそこから矢向大好きになったんですけれど。

ポケモンは息が長いですよね。今でも新しいゲーム出てますから。
とっても優良なコンテンツになってると思います。こう言うのを作り出すのは”日本の文化”だと思いますね。

ポケモンは色々な人の「思い出のゲーム」になっていると思いますし、コンテンツ自体の息の長さから世代が変わっていても共通言語としてポケモンのお話が出来たりしますからね。下手したら親子でポケモンって世代にもなっているかもしれませんね。あぁ、僕もポケモンやってればもっといろんな人と繋がれたかもしれないのになぁ。

ちなみに『ポケットモンスター』とフルネームで言うのは海外では卑猥な言葉(スラング)になりますので注意ですよー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。