>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

ギターを手放すと言うこと

僕のブログの楽器エントリーでは結構な数のギターを紹介しているので、広い部屋に大量のギターを持っているように見えますけれど、定期的に売却しております。スンマソン。部屋も狭いです。

ちなみに、なんでもかんでも売ってるのかと言うとちょいとパターンがありまして、パターンの1つが、「行きつけの店に持っていく」と言うものです。基本的にはそんなに高級なギターでは無くてそもそも売る目的では無いんですよね。

何故かと言うとそのバーってののマスターが音楽好きで基本的に自由に弾けるギターが1本常備してあるんですけれど、お客様がいない時とかにセッションする用(僕だけではなく、他のお客様もOK)に自分のギターを1本持って行っているんですよね。
そこで、別のお客様が弾いて気に入ったら売却する事があります。ギター初心者や「やってみたい」みたいな人に安価で売ることもありますね。
基本的に買った金額以上では売らないので僕としては赤字です。でも、地元で音楽の文化が広がればそれは良いと思っているのでうれれば売れるほど嬉しいです。

辛いのが、自宅にある「この渾身の一本」を生活苦で売却する時ですね。これが辛く悲しくなります。ギターは機械では無いので、同じギターと出会うことはありません。基本的にギターは1本として同じギターが無いと言われています。

Elec guitar01

巨大掲示板とかでは「何本買うのよ」って言うスレッドが多いのでギターをガンガン買っている人が多く目立つんですけれど、ヤフオクなどを見ると「機材整理のため処分」と言う表現が目立ちます。
お金に困って…とは中々書きたくないのはわかりますが半数はお金に困ってってのが実情だと思います。

売りたくはない。しかしある程度まとまったお金を手に入れるには資産を売るしかないんですよね。
高級時計とかヴィンテージギターとか。特にロレックスの時計などは買った時より基本的に高く売れると言う資産価値がありますね。ギターだと状態が良かったり希少価値があればヴィンテージとして扱ってくれる場合があります。

僕は中古でギターを買って売っているので購入と売却の差額としてはそんなにありませんが、新品で何十万円のギターを買って売却したら5万円とか普通に泣きますよね。でも、生活の為仕方がないと言う人もいるでしょう。

ただ、コレクションみたいな感じでそう言う売却をしていればまぁ、そういうものかな?と思えますけれど、これが相棒の1本とかなら…悲しみも格別です。

できれば同じギターをずっと使い続けるのが良いんですけれどね。「高いギターは良いギター」と思い込んで、ちょくちょく高いギターに買い増ししていくのはちょいと違うなぁと思っております。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です