お気軽にお問い合わせください!

回転寿司はすでに回っていないよね

寿司って美味しいですよね。日本人で良かったと思う瞬間です。
しかし、寿司屋ってのはいささか高いし、回らない寿司屋は敷居が高いイメージもあります。
一人で行くのには勇気もいりますよね。

って事で庶民には”回転寿司”って言う素晴らしいものがあるんですよね。通称”回る寿司屋”
今では寿司以外のメニューも増えて家族の外食スポットの1つに完全になりましたよね。

Facebook image special10

ちなみに、僕の記憶だと昔の回転寿司はあまり美味しくなかった記憶があります。
食べようと思っている寿司が目の前で他人に取られる。
「あぁ〜食べたかったのに取られたぁ」みたいなことがあったんですよ。
あと何周も取られてないカピカピのネタが回っているイメージでした。

そのうちに回ってないネタであれば(口頭で)注文してもOKな雰囲気になりました(昔は回転してるレーンを指刺して「回ってるよ」って冷たく言う回転寿司屋もあったんですよ。本当の話)

今はタッチパネルとかで注文できますからね。コミュニケーション能力も不要。
出来立てが来るので鮮度もあるし美味しいし。悪いこと一つもなし。強いて言えば”今日のおすすめ”みたいなのが無くて良くも悪くも画一された味ってところでしょうかね?

B 0mlcEUcAIr6BF

そう考えると”回転寿司屋”だけれども、すでに”回ってない寿司屋”と呼んでも良いかもしれません。
食材の廃棄ロスとしても良いですよね。もはやカピカピのネタは回ってない。

あと、変な風習(?)ではないですけれど「寿司はこの順番でくうベシッ!」ってのも関係ないのかも良いのかもしれませんね。自由に食べたいものが食べたい順序で食べられるのも良いですよね。

寿司屋にある「まずはビールで刺し盛りを食べてその日の魚を見極め、日本酒に移行して握りを数巻食べて帰る」みたいな感じもないです。行ったらすぐに”握り”、食べたい物を食いたいだけ。実にシンプル。

僕なんて回転寿司行ったらサーモンと鯵と甘えびばっかり食べてますからね。お子ちゃまですよ。
“サーモン、サーモン、あじ、サーモン、甘えび、サーモン、あじ、サーモン”って感じですもの。最近はマグロすら食べてないですから。
そんな食べ方をしても「バカじゃねーの?」って言われる心配も無い。ぼっち回転寿司サイコーかよ!って感じです。

ちなみに回らない寿司屋にサーモン置いてある事の方が少ないらしいですしね。がっくしです。
なぜ、一流の寿司屋にはサーモンが無いのか?

こうなってくると「中途半端な寿司屋に行くなら回転寿司の方が良いか」ってなってきてしまうのかもしれません。でも、そうやって普通の寿司屋が減っていくのもちょいと悲しくもあります。

さっきも書きましたが、最近の回転寿司はラーメンを置いてあったりフライドポテトがあったりもはや食のワンダーランドと化しております。そうなってくると完全に、
・寿司屋
・回転寿司屋
を完全に分けて考えた方が良いかもしれませんね。

ちなみに、地元矢向には超絶美味しい寿司屋がありますが、店名は内緒にしておきます。これ以上混んだら困るので。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*