お気軽にお問い合わせください!

ブログで飯は食えるのか?

はじめに

プロブロガーなる職業があります。基本的に”プロ”と名前がついているものは収益を発生させている冠言葉だと思っております(プログラマー除く)

で、僕自身、このブログをやっており記事数も1300エントリーを超えているのですが、全く食べていけるレベルではありません。ぶっちゃけ、携帯電話代を支払える位の利益となっています。

そこで原点に立ち返り「実際にブログだけで食べているやつはいるのか?」と言う素朴な疑問を考える事にしました。

ブログで食えてる人はいる

確かにブログで食えている人がいます。それは“まとめサイト”です。有名どころの”痛いニュース”などはPVがとんでもなく多いので広告収入で食べていけるのではないでしょうか?

「ブログじゃないだろ!」と言う人がいるかもしれませんが、そもそもBlogとは”WebLog”の略であるので「Webの情報のログ」と考えれば広義の意味でブログと考える事ができます。”まとめサイト”は基本的に広告収入と、Amazaonなどのアソシエイトがおまけ程度についているだけなので、収益はかなりのものだと思います。

でも、没個性と言うか、巨大掲示板がソースなので、そこに自分の個性はないんですよね。

広告だけで食べていける?

僕はアフィリエイトやAmazonアソシエイトは90%貼ってません。基本的にGoogleAdSenseのみです。で、同じようにアドセンスだけでブログを運営して食っていける人はいるのでしょうか?

試しにTwitterで「ブログ収益」で検索してみると、ほとんどの人が3万円以下ということがわかりました。僕の知る限りプロブロガーの有名なサイトと言うのが現時点でわからない状態なので、そう言うことなのでしょう。(芸能人のブログを除きます)

SS2019 10 10 3 48 03

例えば、いわゆる”はてな砲”とか”Google砲”とかを着弾すれば一時的に収益を得ることができます。僕も食らった事があるのですが、「これが30日続けば確かに給与の30%位は稼げるかも?」と思ったものです。ただ、バズは2日で収束してしまいました。そんなものですよね。

スクリーンショット 2019 07 22 2 10 09

バズった記事。はてなブックマークで100を超えるとかなりのアクセスが見込めます

なので、継続的に大量アクセスがあるブログはそこそこ稼げるとは思うのですが、そう言うブログって今あるのでしょうか?個人的には、”毎日見に行かなくちゃ!”というブログは現時点では僕には無いです。

Twitterで呟いているのは誇大広告?

さて、Twitterで「食っていけてる、ブログ最高!」なる人を見るのも事実です。でも、そういう人のブログ自体を見た事がありません。ってか見にいこうとも思いません。
そういう人が本当に稼げているとして、どのように稼いでいるのでしょうか?

アフィリエイトを扱っている

アフィリエイトとは商品を紹介する代わりに、そのブログ経由でその商品を買ってもらえれば一定の金額をもらえると言うもので利用している人が多いのではないでしょうか?単価もPVとは関係なく売れればある程度の金額をもらう事ができます。クレジットカード系とか携帯電話系のサイトとかには良くアフィリエイトが貼られていますね。
なので、“クレジットカード 比較”“携帯電話 料金”などのキーワードで検索上位になるように切磋琢磨が繰り広げられているのです。このキーワードで検索上位に来るためのテクニックをSEOと言います。
ブロガーがよく「SEOを大事に!」と言っているのはそう言うページなんですよね。

ただし、アフィリエイトの商品が売れるようにページを充実させるとか、褒める記事を書くとかなので、純粋に「本当にこの商品を宣伝したい!」と思っている人はいないのではないでしょうか?

情報商材を売る

“情報商材を売る”ケースも考えられます。「ブログで月に50万円稼ぐ方法!」みたいな情報商材が5万円とかで売っていて、「5万払えば月に50万円!すぐに元が取れるじゃん」と思って買う人をターゲットにしています。
その商材の内容は基本的に本屋に売っている数千円の本と内容は変わりません。あと「毎日5記事を3年間書き続けてから収益化が可能です!」とかハードルが高いものもあります。なので、稼げなかった場合は「商材の通りちゃんと毎日5記事3年間書きましたか?書いてないとしたらそれは自己責任です」となります。

ここからが怖いのですが、情報商材の真の正体は”情報商材を売ることで売上げを上げる”ところにあります。
ようは「そうか!僕もこう言うノウハウを5万円で売れば食っていける!」と言って大量の情報商材に溢れるわけです。セミナーやオンラインサロンなどをターゲットにして販売しているケースがほとんどだと思います。

また、情報商材を売っているサイトが月に50万円稼いでいるかの証拠などありません。そもそもサイト自体を持っていないケースも考えられますね。
Excelでグラフが作れればなんぼでも偽造は可能です。

まとめ

やはり、よほどの固定客とPVをつけないとGoogleAdSenseだけでは食べていけないと思います。あとは、アフィリエイトに力を入れるか、情報商材を扱ったり、はたまた自分でサロンやセミナーを打つなどしないと食べていけないと思います。

やはり「ブログだけでは食えない」のでは?と思います。ただし、アフィリエイトブログや情報商材を扱ったりすると食べていけるのかもしれませんね。

そう言う意味では副業としては良いのかもしれません。ただしサラリーマンと違って給与の安定はないのであくまでも副業の範囲にとどめておいた方が良いと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください