お気軽にお問い合わせください!

OSSと定食屋

はじめに

オープンソースソフトウェア(Open Source Software)というソフトウェアの配布形態があります。
それはアプリケーションのソフトウェアのソースコードを無償で公開して、改良や再配布を可能としたものです。

当然、マネタイズ(収益化)はできません。

ソフトウェアの死

Windowsで使われている”FFFTP”と言うソフトは発表当初から無料で使えて2011年からOSS化されました。まぁ、そもそも無料のソフトだったんですけれど。
これで最初の作者だけではなくてもこのアプリが継承されて行けると思うんですよね。
大企業でも使ってるFFFTP。無くなると困るんです。無料で使っててなんですが…それだけFFFTPと言うソフトが便利で無料で一言で言うと”強かった”んです。

Macで僕が使っていたのは”Yummy FTP Pro”というものなんですけれど、こちらはOSS(オープンソース化)にせずに作者が亡くなってしまった。
なので、もうYummy FTPの新しいバージョンが出ないんです。悲しいかな。
こうなってはどうしようもないので、僕は”FlashFTP”というアプリに乗り換えました。残念かなMacOSの最新版では”Yummy FTP Pro”が動かないんです。

オープンソースにする事は存続を意味するのですけれど、独占性(収益など)は無くなってしまうのが痛し痒しなんですよ。ソフトウェアを継続して存続させるには、家族が引き継ぐかオープンソース化しかないんですよね。

定食屋やレストランも一緒?

これって定食屋とか料理店の秘伝のレシピと一緒だと思うんです。

凄い美味しい定食屋があって秘伝のレシピは店長しか知らなくて、そのまま他界してしまい弟子や有志の人が「あの味を再現したい」みたいな。ドラマとか漫画でも良くありますよね。

これもレシピを公開すれば秘伝の定食屋は存続できたはずなんです。一子相伝という技もあるんですけれど、後継者がいないとなかなかそう言う風にはいきません。
でも、そのレシピを公開してしまうと同じ味を出してもっと安い新たな店が沢山出てくる恐怖があるんですよ。

終わりにーデジタル遺書と言う考え方

遺書とかに秘伝のレシピを書いておくようにソフトウェア作者のソースは任意で死後にOSSに公開できるとか秘伝のレシピとは未だとYoutubeに撮って遺書にアドレスを書いたりする「デジタル遺書」みたいなのもよいかもしれませんね。

SS2019 11 10 6 50 40

コンピューターが一般家庭に普及してからまだ四半世紀くらいです。
もしかしたら、優れたソフトウェアが継承されて2050年くらいに「創業2019年」みたいなソフトウェアが出てくるかもしれませんね。その頃コンピューターってのがどのようになっているのかはわかりませんが、楽しみでしゃありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*