お気軽にお問い合わせください!

バレンタインの楽しみが…

はじめに

2/14日はバレンタインデーですね。
女性が意中の男性にチョコレートを贈るスイートな日、無事もらえたり、結局貰えなかったり、2tトラックに3台分来たり…

1年に1回、言葉で言わなくても告白できる日。とは言え、最近はラブレターも電話もないですからね。LINEで十分(チョコレートのスタンプ)なのかもしれません。

僕は?

さて、僕ですが、そもそも、甘いものが嫌いなんですよ。本当に甘いもの苦手。
会社では社交辞令で義理チョコを貰うので事前に言っておいて、しょっぱい煎餅とかにして貰っておりました。わがままな若者でしたよ、えぇ。

あと、ホワイトデーですが、義理チョコでもらったチョコレートに対するホワイトデーを先輩から「まとめて買ってコイ!」と言われて人生初めてのフレックスを使った思い出があります。高島屋が開店するのを待っていた思い出、懐かしいなぁ。

ちょっとバレンタインについて思い出してみたのですが、バレンタインに期待した思い出が無い…んですよね。これがビックリです。
「あぁ、この人から欲しいなぁ」って思った記憶が無いんですよ。

もちろんお付き合いしてた人は居るんですけどバレンタインのチョコがきっかけで…とか無いんですよね。普通に付き合っているからチョコ貰うって感じで。
もちろん手作りチョコなんてもらった事は無し!(たぶん)

Top e1547108459459

僕の頃(1990年代)は手作りとかそんなに流行ってなかったような気がします。んで、ホワイトデーの定番はマシュマロでしたね。今はなんなんでしょ?

2月。気が付けば今週(これを書いてるのは2/11日)
楽しみにしてる人、意中の人からチョコが貰えると良いですね!貰えたらホワイトデーをお忘れなく。

終わりに

ちなですが、海外のバレンタインは男性が意中の女性にチョコレートを贈るそうです。逆ですね。
国によっては男女関係なく好きな人にプレゼントを贈るってのもあるそうです。

ちなみに、なんでチョコレートを贈るかと言うのはチョコレート屋の陰謀です。
昔、勝手にチョコレート屋が宣伝で「バレンタインはチョコレートを!」って言ったのが日本のバレンタインの起源と言われています。

ちなみに、そのチョコレート屋なのですが、モロゾフ、メリーチョコレート、森永製菓など諸説あります。
調べてみたら、モロゾフは昭和11年、メリーチョコレートは昭和33年とあるので、現実的にはメリーチョコレート説が濃厚だと思われます。
いわゆる宣伝広告ですね。

なんか、夢を壊したようで、正直、スマン。

ハッピーバレンタイン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*