ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!

やっぱりスペシャルウィークはあった方が良い。

自分のブログ(このブログです)の過去記事を読んでいたら、おぎやはぎのエントリで「妄想総選挙」について書いたのを思い出しました。

「妄想総選挙」とはその年に活躍した女性・女優・アイドルなどで「こういうシチュエーションならヤレるはず!」と言う妄想をして「イケそう!」って人に投票するものです。なので、超絶美人が上位に来ると言うよりは過去にフライデーや文春で恋愛関係のスキャンダルを出した人ほど上位にいく傾向があります。

いや、下衆い、実に下世話。こんな企画ゴールデンタイムではできません。深夜ならでは。そして「悪口言ってもあんまり好感度が下がらない」と言う不思議な芸人であるおぎやはぎさんだから出来たのでしょうね。

そういえば、TBSラジオはスペシャルウィーク辞めちゃったからもうこう言うのも無いのかなぁ〜。って悲しくなってしまいました。こんな辛い世の中だから「妄想総選挙」聴きたい…

ちなみに”スペシャルウィーク”ってのはラジオの”聴取率週間”の事を差しまして、各ラジオ局の各番組が「どれだけ聴かれてるか?」を競う時期です。

そのため、各番組予算を目一杯使ってゲストを呼んだり特別な企画を行なったりします。冒頭に書いたおぎやはぎの「妄想総選挙」も自身のラジオ番組”メガネびいき”のスペシャルウィークの企画の一つです。

ではなぜTBSラジオはスペシャルウィークを辞めてしまったのでしょうか?

それは僕を含めるラジオリスナーにとって生命線となっているアプリ”radiko”にあります。簡単な話、”radiko”を使えば、聴取率はもっと正確に取れるんですよね。何時から何時頃、どの番組が聴かれているか?(それもどの年齢層まで)わかっちゃう。

だから、スペシャルウィークに無闇にお金を使うべきではない。…と言うのがTBSラジオ社長である三村さんの方針のようです。
なので、TBSラジオで尖っている方の人、例えば、伊集院光さんや神田伯山さんはしょっちゅう三村批判を行います。

まぁ、三村さんは「TBSラジオをFM局みたいにしたい」と言う斜め上の夢があるので、そうなっちゃうと僕達も困るんですよね。僕達は深夜の馬鹿騒ぎを聞きたいんですよ。こっちは。

確かにradikoの方が正確な聴取率が取れるかもしれないけれど、やっぱり深夜ラジオにとってスペシャルウィークってのは、『お祭り』なんですよね。

また、僕が好きなおぎやはぎさんのラジオに話は戻りますが、おぎやはぎさんのラジオの時間帯の裏番組はニッポン放送のナインティナインのANNです。絶対的王者。おぎやはぎさんが言うには『裏のライオン』。
聴取率でおぎやはぎさんがナイナイさんに勝つことなんて到底不可能だったんですよ。それはリスナーも承知の上だったのでしょう。

そんな時、おぎやはぎはある作戦に出ます。
「俺らのラジオは20代の人はほとんど聞いていない。20代の人は何に興味があるのだ?」と分析、結果アニメや漫画である事がわかると、矢作さんは当時流行っていた「魔法少女まどか☆マギカ」に目をつけます。

実際に全部見て、見事にハマり「これは面白い!スペシャルウィークでこれやろう!」って話になり、伝説の企画「魔法小木おぎか☆オギダ」を放送。ワルプルギスの夜ならぬ”オギプルギスの夜”をベースに魔法小木が戦うラジオコント(茶番)。

何が凄いかというと、本家であるまどマギの声優をそのままブッキング!深夜にまどマギの声優たちが「魔法小木おぎか☆オギダ」をラジオ内で盛り上げる。と言うおぎやはぎファンにもまどマギファンにも度肝を抜くような内容でした。

結果、初めてになりますが、おぎやはぎがナイナイ(裏のライオン)に勝利することになりました。
でも、これもスペシャルウィークがあってこその企画なんですよね。

J4TEewUO

おそらく、今TBSラジオでこのレベルの茶番をお金をかけて実施することはできないでしょう。それが悲しい…。

ラジオはながら聴きができる貴重な媒体です。昨今、また注目されている媒体。

あと、みなさん一回は「自分でラジオやってみたい!」って思ってことありませんか?僕はあります。

三村さんもう一回、TBSラジオの使命を取り戻してほしいです。TBSラジオのコーポレートメッセージは、「聞けば、見えてくる」「何かが始まる音がする」ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です