ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!

ブラックのアイスコーヒーの思い出

数年前の話をしようと思う。ちょうどGWの時の話だ。
僕はあるプロジェクトの応援に入っていたが、このGW中のプロジェクトの問題の挽回が厳しい状態であり、営業が非常に憤っていた。簡単に言うと「このままでは損害賠償くらう。くそエンジニアめ。」ってな具合だ。

俺もエンジニア側だったし、文句を言っている営業の上の部長にも昔からのお世話があったので立て直しに参加することにした。これでGWは事実上なくなる。まぁ、予定もなかったから良かったのだが。独身男性の長期連休はいささか困るものもあるのだ。

ところで、僕は普段は水ばかり飲んでいる。飲み過ぎではないか?と言うくらい飲んでいる。理由は水が好きなのと昨日の酒を抜くため。砂糖が大量に入っているジュースはほとんど飲まない。

プロジェクトに参加するようになってから、水だけではなく、朝はブラックコーヒーを好んで飲んでいた。別にこだわりはない。目を覚ます意味も込めてコンビニで缶コーヒーを買っていただけ。

毎日毎日ブラックの缶コーヒーばかり飲んでいたのが誤解されて、どうも、それがプロジェクトメンバーからは「あの人はコーヒーにうるさい人だ。」と思われたらしい。

なので、朝プロジェクトルームへ行くと、「波秋さん、新しい缶コーヒーが売ってましたよ。」の情報とかを良くくれた。完全に誤解されている。俺は味には疎い方だ。バカ舌とも言う。

「え?なんでそんな情報くれるの?」と言うと、「波秋さんってコーヒーにすごいこだわりがありそうなので。」と言われてしまった。
「いや、目を覚ますために飲んでるだけでこだわりないよ。」と言うと非常に驚かれてしまった。

それからプロジェクト内でプチコーヒーブームが訪れた。色々と全員が頑張ったおかげでプロジェクトの問題も順調に収束方向に向かっている。コーヒーのおかげではないと思うが、今まで停滞していた残問題が確実に減ってきているのは目に見えてわかっていた。

985a51a8

そんな中、セブンイレブンでの100円セルフコーヒーが出た。今では当たり前になったコンビニコーヒーであるが、当時は実に画期的だったと記憶している。
違いのわからない男の俺でも「これは美味い!」と直感的に思った。

夕方になって生産性が落ちてきた時には近くのセブンに何人かで行ってコーヒーを飲んでいた。なんかそれが験担ぎになっていた感じもする。

プロジェクトは無事予定通りの日に本番稼働を迎えた。大変ではあったが今ではいい思い出だ。

また、暑くなってきた。
さぁ、コンビニコーヒーの出番だ。100円で飲めるコーヒー。僕にとっては一番美味いコーヒーだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です