お気軽にお問い合わせください!

秋葉原にエウリアンと言う人種がいた。

まだ、秋葉原が電気街だった頃の話です。
駅前の一等地に謎の画廊があったんですよね。電気街としては異色の一角でして、なんでこんな所に画廊が?!って感じなんですよ。

BtrqdDbCIAAnZ6i

謎の画廊

駅前に(この街に似つかわしくない)女性がおりましてね、”女性、美人”と言う秋葉原オタク住民にとって夢のような存在がいるんですよね。

で、そんな女性が僕(なんか)に声をかけてくるんですよね。心の中ではもう「もしかしてワンチャンあるの?」なんてウブな秋葉原民は思ってしまうわけですよ。

「絵画に興味とかありますか?」

ここで、「俺パソコンだけじゃなくて、一般的な趣味も持ってるぜ」的な自分を示そうと「あ、ありますね」と返したとします。

CpnJ4 VMAQfN3c jpg small

綺麗な女性に声をかけられたら嬉しいですよね

すると、その謎の画廊に連れていかれる訳です。そこには色々な絵画が。

「どんな絵画が好きですかぁ?」彼女は聞いています。

そこである絵画を指差したとします。
すると彼女は言うんですよ。

「お目が高いですねぇ。この絵画はこの画廊の中でも非常に価値が高いxxxって言う画家の作品でしてね…」とまくし立ててくるわけです。
「この絵画が家にあるだけで生活が潤いますよー」

この時点で、帰ろうと思ってもなかなか帰してくれません。本当に色々と話して褒めてくるんですよ。
「この絵もすぐ売れるかもしれませんよ、この出会いは一生に一度かもしれないのに…」
と、まるでその彼女との出会いをほのめかすように話してくるわけです。

最終的に、「でも、高いですよね。僕、そんなにお金持ってないので…」と最後に切り札を出さずにはいられなくなります。屈辱的ですが自分にお金がないアピールをしなくてはいけないのです。


しかし、ここで彼女はこう言います。
「そうですよねぇ。いきなり高い絵画を買うなんてちょっと躊躇しますよね。でも、毎日コーヒー飲みますよね?そのコーヒー代を絵画に回せばx年でこの絵が手に入るんですよ!」とローンの提案をしてきます。大抵コーヒー代とかです。

コーヒー代かぁ、そのくらい(でここを逃げられる)なら良いか…と思い気を許したら最後です。
「では手続きしますねぇ、奥へどうぞ…」

奥に控えているのは男性。それも「うわぁこれ逃げられないぞ」って感じの威圧感です。
女性はささっと消えていきもはや視界にいません。

こうやって高額な絵を買わされてしまうと言うある意味、商材詐欺なんですよね。もちろんその絵画にそんな価値は無い訳です。

と、こう言う秋葉原のウブな男性の心を揺さぶって絵画を買わせる女性のことを”絵売り”とかけて”エウリアン”って呼んでました。

20190426081003

あ、もちろん僕は引っかかったことないですよ。

…秋葉原も電気街からオタクな感じに変貌し、路上にはメイド喫茶の勧誘の女性が増えている昨今、エウリアンの存在意義はもはやありません。

噂では秋葉原からちょいと離れて上野との間にあの画廊を見かけたと言う話があるとかないとか…。

それにしても、昔だから許された(?)商法ですね。古き良き詐欺のお話でした。

路上を歩いていて、女性から声をかけられたらまず疑った方が良いですよ。あなたが相当のイケメンでない限りうまい話なんてない訳です。
夢を壊すような話で申し訳ないですが、現実ってそんなものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください