>>ここをクリックしてお気軽にお問い合わせください!<<

radikoで困ってる事

radioをヘビーで使ってます。タイムフリー機能が出てからは尚更です。これでちょっとした長距離の移動も苦ではないですし、休みの日のウォーキングにも手放せません。

でも、使ってみて、ちょっと困っている事があるので、書いてみたいと思います。

Radikojp logo

途中で電話とかかかってくるとタイムフリーの履歴が消える

auの僕のiPhoneだけかも知れませんがradikoのタイムフリーを聴いている途中で電話とかかかってくるとタイムフリー状態がリセットされるみたいです。なので、また、タイムフリーで番組を選んで、聞いていた所まで時間をスライドさせる必要があります。バグなのでしょうか?まぁ、そんなに電話が掛かってくる事がないので、そんなに実害はないですが。(仕事は会社携帯を使っているので。)
多分、これはバージョンアップで解決しそうですが。

3時間制限の意味が分かったが何故なのか?

radikoのタイムフリーが発表された時に、「最長3時間」と言う制限がありました。僕はよく意味がわからずに「3時間以上の番組が聴けないんだな。」位に思ってたのですが、これ、1つの番組の聴取時間が3時間なんですね。つまり、一度聴き始めてしまうと途中で一旦停止しても3時間カウントダウンは止まらないと言うものです。
1時間番組で最初の30分だけ聞いても、その後3時間経過すると後の30分は聞けないみたいです。
別に無料の場合アカウント完了してないので、iPhoneで3時間経過しても家のiMacでは普通にもう一度聴けるのです。
これは謎です。アカウント制限しているのであれば、なんとなく意味がわかるのですが。

やはり15秒スキップが欲しい。

これは贅沢な要望ですがやはりラジオとかポッドキャストには15秒スキップがあると便利ですね。人間、便利な機能があるとどんどんと贅沢になっていくものです。15秒スキップは所謂「CM飛ばし」なんですけれど、ちょっと欲しくなってしまいました。これは元々、CM収入ありきで公開しているのかもしれないし、スライダーを使えば飛ばせるので無理にとは言いませんが。欲しい人も多いのではないでしょうか?

アンド・モア

あと、radikoを聴いている時はWi-Fiをオフにする事をお勧めします。これは歩いている時に野良Wi-Fiを拾う事があるからです。野良Wi-Fiは大抵電波が弱いので聴いていたradikoが一旦停止の状態になります。で、また電波を受信できる段階になった所で再開するのですが何故かちょっと前に戻るんですよね。これはちょっとしたストレスです。

勿論、特に歩かないでビンビンWi-Fiアンテナがある場所に留まってradikoを聴くのなら別ですが。外を歩きながら聴く時はなるべくWi-Fiをオフにしていた方がストレスフリーで聞けます。

って事で、これだけ便利なものを無料で使わせてもらいながら、贅沢な悩みなのですが、さらにラジオ普及に向けて是非改良してもらえたら嬉しいな、とヘビーユーザーからのお願いでした。
アデュー!

関連記事

Radikoタイムフリーの実力!

ラジオが最強な7つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です